Japan. asset management株式会社 内山博文

空き家、空きビルが増え続けている原因とは?起こりうる問題やリスク

地方エリアを中心に、空き家の増加が止まりません。空き家が増えることで管理されていない物件が増え、防災面や衛生面、景観面など街並みや近隣環境にも影響を及ぼします。空き家が増えていく理由と、その後の問題点やリスクについて見ていきましょう。

今空き家(ビル)が増えている理由とは?

今空き家(ビル)が増えている理由とは?

ニュースや新聞でも良く目にする「空き家問題」。総務省統計局の発表によると、平成25年の空き家数は820万戸で、総住宅数に占める割合は13.5%と過去最高に上りました。空き家問題は地方から始まり、ついには都心部まで影響が出ています。

では、一体なぜこれほどまでに空き家が急増しているのか。空き家の種類は大きく分けて、賃貸用住宅、売却用住宅、別荘などの二次的住宅、その他の住宅の4つに分類されます。特に、その他の住宅に分類される一戸建ての空き家増加が顕著です。

空き家が増えている理由としては、人口減少に加え高齢化の問題が挙げられます。高齢を迎えることで、老人ホームや二世帯住宅への住み替えが多くなり空き家が生じています。そして不動産相続後にうまく活用できず、空き家のまま放置されることも多くなっているのです。

空き家(ビル)が抱えている問題点・リスク

空き家(ビル)が抱えている問題点・リスク

空き家を抱えていることで、様々な負担やリスクが生じます。犯罪リスク、災害リスク、資産価値の低下、税金などの支出といった項目が主なマイナス要素となります。

空き家で起こる代表的な犯罪は、不法侵入や放火、盗難などです。このような犯罪が起こることで、物件だけでなく周辺環境の悪化にも繋がります。住人がいないため火の元にも気がつかず、近隣住民への被害やトラブルが生じるおそれもあるのです。

また、災害リスクでは地震や火災、水害といった大きなリスクがあります。人が住んでいない空き家は、火災保険や地震保険に加入できない場合もあるので注意が必要です。空き家の状態になると劣化も激しく、資産価値の低下により、売却のリセールバリューにも影響が出てきます。

そして忘れてはいけないのが、税金などの支出。地域によっては、固定資産税に加えて都市計画税もかかる場合があります。また、空き家を更地にして一定の条件から外れてしまうと、固定資産税が最大6倍にまで膨れ上がってしまうケースがありますので、ご注意ください。

空き家・空きビルの有効活用に繋がるコンサルティングサービスをご提供

空きビルでお困りの方は、Jam(ジャパンアセットマネジメント株式会社)にご相談ください。全国でも数少ない建築と不動産再生をワンストップでコンサルティングサービスをご提供しています。

建築と不動産、飲食業界で積み重ねたコンサルティング経験と3社の協業により、空き家・空きビルの有効活用をご提案いたします。入り口の事業企画から建築コンサルティング、リノベーション、不動産売買まで徹底的にサポートしますので、安心してお任せください。

空きビルでお困りならJam(ジャパンアセットマネジメント株式会社)のコンサルティングへ

会社名 Jam(ジャパンアセットマネジメント株式会社)
住所 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3丁目9−10 5F
tel 03-5766-5241
fax 03-5468-3156
URL http://japan-a-m.co.jp/

Contactお問い合わせ

お問合せ内容の確認後、3営業日以内に担当より順次ご連絡させていただきます。
内容によってはお返事にお時間をいただく場合がございます。
予めご了承いただきますようお願いいたします。