Japan. asset management株式会社 内山博文

空き家のコンサルティング会社を選ぶポイントは?特定空き家の認定条件について 資産活用・企画設計などに対応

2015年5月26日に空き家対策特別措置法が全面施行され、一定の条件に当てはまる空き家は「特定空き家」に認定されるようになりました。特定空き家に認定されると、建築物があっても固定資産税の優遇が受けられなくなり(更地と同額)、さらに市町村の勧告を無視しつづけると罰金も課されます。

空き家をお持ちの場合は、空き家専門のコンサルティング会社に相談してください。堅実な資産活用や、空き家を使った企画設計が可能です。こちらでは、特定空き家の認定条件や不動産コンサルティング会社の選び方について、Japan. asset management株式会社が紹介します。

空き家の放置は危険!特定空き家に認定される条件

空き家

空き家対策特別措置法の全面施行により、「特定空き家」には様々な罰則が課されるようになりました。放置している空き家がある場合は、次の3つの条件に注意しましょう。

保安・衛生上のリスクとなっていないか

市区町村にとって、空き家の監理上もっとも問題となるのが保安・衛生上のリスクです。

空き家に著しい破損や経年劣化があり、傾いたり倒壊したりするおそれがある場合は、特定空き家に指定される可能性があります。ゴミや廃棄物が投棄され、害虫が発生している場合は、衛生面のリスクも問題視されます。

景観を損なう原因となっていないか

空き家の存在が周辺の景観を残っている場合も、特定空き家に指定される危険性があります。塀に落書きがあったり、外壁部分が破損していたりと、建物の状態が劣悪で、管理が行き届いていない場合は、周辺の景色や景観の保護を理由に市町村から勧告がなされる可能性があります。

空き家が周辺の治安・生活環境へ悪影響をもたらしていないか

放置されている空き家は、周辺地域の治安や生活環境にも悪影響を及ぼします。例えば、近所の子どもが空き家に入り込むと、廃材や放置物で怪我をする可能性があり危険です。

また、空き家が野良猫の住処となったり、不審者が出入りしていたりするケースもあります。空き家はなるべく放置せず、オーナーとして維持管理に努めることが大切です。

特定空き家に認定されると多くのデメリットが生じます。空き家を活用すれば、堅実な資産形成や、土地を有効に使った企画設計が可能です。

空き家のコンサルティングなら、不動産再生やリノベーションが専門のJamにご相談ください。

空き家問題で不動産コンサルタントを選ぶ3つのポイント

家の模型とパソコン

放置している空き家の再生や資産活用をお考えなら、空き家専門のコンサルティング会社に依頼しましょう。コンサルタントを選ぶ基準は次の3つです。

空き家コンサルティングに関する実績をチェック

空き家利用の企画設計を依頼する場合は、コンサルティング会社の実績を確認しましょう。空き家の店舗としての再利用や、新たに戸建賃貸経営などをはじめる場合は、不動産の運用管理のノウハウだけでなく、建築に関する設計・施工・リノベーションの実績も必要です。

また、自分の所有する空き家によく似たプロデュース事例があれば、どのような資産活用が行われるかイメージしやすくなります。

契約内容の「透明性」があるか確認しよう

契約締結に向けた相談をする際は、契約内容に関して説明がなされ、十分に透明性があるかどうか確認しましょう。少なくとも、コンサルティング会社の責任・業務範囲、料金設定、成果物の納期の3点が明確である必要があります。

不動産関連の講座やセミナーに参加して実際に見極める

コンサルティング会社によっては、不動産に関するテーマの講座やセミナーを開催しているケースがあります。これらはコンサルタントと直接交流し、信頼関係を築く良い機会です。

もし信頼できるコンサルタントが見つかったら、後日アポイントメントをとり、コンサルティングを依頼してみましょう。

空き家コンサルティングなら、中小ビルを再利用した企画設計や、中古マンションのリノベーションに強いJamにお任せください。

空き家の資産活用や企画設計なら不動産コンサルティング会社にお任せ

建物が「特定空き家」に認定されると、大きなデメリットが生じます。空き家を有効活用すれば、堅実な資産形成が可能です。

空き家の再生や資産活用をお考えなら、不動産再生の実績や契約の透明性に着目し、信頼できる不動産コンサルティング会社を選びましょう。

空き家のコンサルティングを依頼するなら、相続対策もふくめた不動産再生に強いJapan. asset management株式会社にお問い合わせください。

不動産活用の豆知識はこちら

空き家問題でコンサルティング会社に相談するならJapan. asset management株式会社

会社名 ジャパンアセットマネジメント株式会社(通称:Jam)
住所 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3丁目9−10 5F
tel 03-5766-5241
fax 03-5468-3156
URL http://japan-a-m.co.jp/

Contactお問い合わせ

お問合せ内容の確認後、3営業日以内に担当より順次ご連絡させていただきます。
内容によってはお返事にお時間をいただく場合がございます。
予めご了承いただきますようお願いいたします。