Japan. asset management株式会社 内山博文

不動産を持つと抱えるリスク・その対策をご紹介!

居住用で不動産を持つ方、賃貸経営で不動産を持つ方、節税対策で不動産を持つ方など、その目的は様々です。不動産はうまく活用できれば嬉しいメリットが数多くありますが、まずはリスクを把握することが大切です。住宅ローンや資産価値、災害など様々な部分のリスクを考えておきましょう。

知っておきたい不動産が抱えるリスク~戸建て・マンション問わず備えが必要~

知っておきたい不動産が抱えるリスク~戸建て・マンション問わず備えが必要~

不動産を所有することには、様々なリスクが存在します。賃貸経営をしている方に多いリスクが「空室リスク」。空室リスクの軽減が、賃貸経営の成功を左右すると言っても過言ではありません。

さらに家賃滞納リスクも忘れてはいけません。入居者がいても家賃を滞納されると、収入が入らず経営に大きな打撃を与えます。賃料も、周辺環境や経済状況によって変動する可能性がありますので注意が必要です。築年数が経つごとに物件としての価値も下がり、賃料が下がる原因にもなります。

そして、戸建て・マンション問わず自己の居住用にも関わってくるリスクは、固定資産税などの税金。さらにマンションを維持するための管理費や修繕費はランニングコストとなります。

基本的な部分で言うと、住宅ローンの支払いもリスクのひとつ。多額なローンとなるので、滞納せずきちんと払い続けなければなりません。変動金利で借りている場合は、金利の変動も心配になるポイント。そして火災や地震などの災害、近隣トラブルなどもリスクとして考えておかなければなりません。

不動産リスクを回避するための対策~鍵は不動産再生・リノベーション・金利・保険~

不動産リスクを回避するための対策~鍵は不動産再生・リノベーション・金利・保険~

様々な不動産のリスクを回避するための対策も考えておくことが重要です。賃貸経営のリスクは立地や間取り、周辺環境などの選び方がカギを握ります。

人気のある物件にすることが空室リスクを下げ、資産価値に結びつきます。表面利回りに惑わされず、実際の住みやすさを重視することが重要です。設備が老朽化した場合でも、不動産再生・リノベーションをすることで魅力的な物件にしていくことが可能です。

住宅ローンの金利上昇リスクは経済状況に大きく関わりますが、何年も先を想定するのは非常に難しいものです。対策としては、固定金利やフラット35などを利用することも安心材料。ただし現在は低金利時代なので、変動金利を利用することで支出を抑えることができます。その場合は金利の動向に注意を払い、繰り上げ返済などの準備体制を整えておくことも大切です。

自然災害や不慮の事故の対策は、地震保険や火災保険など、万が一に備えて加入しておくことをおすすめします。

リスク対策に不動産コンサルティングという選択肢

不動産を持つことにはリスクがつきものですが、うまく活用することでメリットも数多くあります。万が一のリスクに備えて対策をしておけば、怖いものではありません。不動産再生をお考えの方は、不動産コンサルティングでの事前相談をおすすめします。

Jam(ジャパンアセットマネジメント株式会社)は、建築・設計・施工など各分野のプロのネットワークを強みに、企画から運用まで幅広いご提案をさせていただきます。他の不動産コンサルティングでは対応できなかった物件の問題解決もお手伝いできる可能性があります。建築と不動産再生のコンサルティング会社Jamまでお気軽にご相談ください。

不動産再生のコンサルティングはJam(ジャパンアセットマネジメント株式会社)へ

会社名 Jam(ジャパンアセットマネジメント株式会社)
住所 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3丁目9−10 5F
tel 03-5766-5241
fax 03-5468-3156
URL http://japan-a-m.co.jp/

Contactお問い合わせ

お問合せ内容の確認後、3営業日以内に担当より順次ご連絡させていただきます。
内容によってはお返事にお時間をいただく場合がございます。
予めご了承いただきますようお願いいたします。