Japan. asset management株式会社 内山博文

古ビルはリノベーションで生まれ変わる!成功事例と再生のポイント

空室や老朽化が目立ってきたビル、建て替える前に環境に優しく、コストを抑える選択肢としてリノベーションを考えてみませんか?古ビルの良い部分を活かしながら、現代のニーズを取り入れてリノベーションすることが可能です。古ビル再生は、立地のターゲットに合った企画・プランニングが大切なポイントとなります。

古ビル再生のリノベーション成功事例

古ビル再生のリノベーション成功事例

築40年、50年も経てば、ビルは古さが目立ち老朽化していく一方です。そのままでは不動産の活用はうまくできず、空室の増加にも繋がります。そこで注目したいのが、古ビルをハードだけでなく、ソフトから再生するリノベーションです。

成功事例のポイントを挙げると、飲食店が入るビルの場合は、そこで働くスタッフだけでなく、お客様も入りたくなる佇まいにしなくてはなりません。エントランスやロビーなどを新しい印象にすることが大切です。外観はライティングをうまく使うなど、ファサードを改修することで、刷新感を演出し、より有効的にコストのかけ方にメリハリをつけ成功した事例があります。

店舗や物販などが入るビルでは、やはりお店の顔となる1階部分や外観のリノベーションがポイントです。店舗看板の取り付けやすさや、テナントのための電気・ガス・水道などの設備向上も成功要素となりました。また住居ビルの場合も、入居者好みにリノベーションができる物件であることを売りとして、あえてスケルトン状態にして契約が成功した事例もあります。

また、単にハード面の改修のみだけではなく、ソフト面の運営プログラムを企画段階から鑑みて事業構築することも成功の鍵となってきます。

生まれ変わる古ビル再生のポイント

生まれ変わる古ビル再生のポイント

古ビル再生は、そのビルの立地や周辺環境によってコンセプトが変わってきます。上記の成功事例のように飲食店向けのビル、オフィス向けや入居する企業、住居など目的に応じてポイントを絞ってリノベーションをすることが重要です。

リノベーションは、とにかくお金をかけて全面的に新しくすれば良いということではありません。古ビル再生で検討すべきことは多岐にわたり、工事を進める上で生じる諸々の問題にも向き合っていく必要があります。ポイントを明確にし、効果を出しやすいコスト分配、事業計画を立てることが大切です。

老朽化が進んでしまっている古ビルも、まだ再生させるチャンスはあります。リノベーションの実施やコスト面などで、判断が難しい場合は不動産コンサルタントへご相談ください。

Jam(ジャパンアセットマネジメント株式会社)は、中小ビルの不動産再生をワンストップでお手伝いできる数少ない企業として、様々な案件に対応しています。不動産業界における与信力とネットワークを強みに、物件本来の価値を見出し、企画・建築設計・運用までサポートいたします。古ビル再生や店舗のリノベーションをお考えの方は、ぜひ私たちにお任せください。

古ビル再生・リノベーションをワンストップでお手伝い!
Jam(ジャパンアセットマネジメント株式会社)

会社名 ジャパンアセットマネジメント株式会社(通称:Jam)
住所 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3丁目9−10 5F
tel 03-5766-5241
fax 03-5468-3156
URL http://japan-a-m.co.jp/

Contactお問い合わせ

お問合せ内容の確認後、3営業日以内に担当より順次ご連絡させていただきます。
内容によってはお返事にお時間をいただく場合がございます。
予めご了承いただきますようお願いいたします。