Japan. asset management株式会社 内山博文

不動産再生・リノベーションのデザイン提案・プロデュースもお任せ 古ビルを住宅へリノベーションするメリットとは?

相続した古ビルの運営について悩む方は少なくないでしょう。古ビルは競争力が低下しており、そのまま保有していても固定資産税などの税金がかかる一方です。解体する場合も、鉄筋造や鉄骨造のビルは多額の費用がかかります。

そこで、古ビルの不動産再生・リノベーションを行い、住宅や収益物件として生まれ変わらせましょう。ビル全体を新しくデザインし、現代のライフスタイルに合わせた用途変更を行うことで、古ビルの価値を大きく高められます。

こちらでは、古ビルを住宅や収益物件にリノベーションするメリットについて、中小ビルや古ビルのプロデュースを手掛けるJapan. asset management株式会社が紹介します。

古ビルを相続したらビルリノベーションを!収益物件に再生すべき3つの理由

下から見たビル

築古物件は設備や外装・内装が古く、現代のニーズやライフスタイルに合わないため、そのまま保有していても資産価値が目減りしていく一方です。古ビルを相続したら、不動産再生やリノベーションを行い、収益物件としてリブランディングする選択肢もあります。

リノベーションで古ビルの魅力が向上する

ビルリノベーションは古ビルの魅力を高め、収益物件としてリブランディングする手段です。不動産再生・リノベーションを成功させるには、建物全体のデザイン力やプロデュース力はもちろん、必要であれば高収益のオフィスビルから安定需要の賃貸ビルへシフトするといった、長期的な目線での企画設計が必要です。

賃貸物件の場合は賃料を下げずに済む

古ビルのような築古物件は入居者やテナントが入りにくく、空室が増加します。

築古物件に見られる一般的な空室対策が、賃料の値下げです。しかし、テナント料を下げて一時的に稼働率が上昇しても、経年劣化にともない資産価値が目減りすれば、また賃料を下げざるを得なくなります。

ビルリノベーションによって物件の魅力を高めることができれば、こうした負のスパイラルを解消できるでしょう。

築古物件の高値売却という選択肢も

古ビルをリノベーションすれば高値売却に結びつく可能性があります。ビルリノベーションを実施し、現代のライフスタイルに合った魅力的で洗練されたビルに再生することで、投資額を回収することも可能です。

ただリノベーションするだけではなく、レンタルオフィスやシェアオフィスといった新たなオフィス需要に合わせて用途変更し、高値売却に成功した事例もあります。

古ビルを相続したら、不動産再生やリノベーションを考えましょう。古ビルのプロデュースなら、豊富なデザイン実績とリブランディング力を持つJamにご相談ください。

古ビル再生のリノベーション成功事例はこちらをチェック

古ビルを住宅へリノベーションするメリットは?自分だけの設計やデザインが可能

メリットと書かれた紙

古ビルを収益物件に再生するのではなく、住宅としてリノベーションする選択肢もあります。オリジナルな設計やデザインを行い、快適な住まいに作り変えることが可能です。

住宅としてのビルは設計の自由度が高い

住宅としてのビルは、住居用の建物と比べて設計の自由度が高く、自分だけのオリジナルの住まいを実現できます。高い天井を活かした開放的なダイニング、屋上を生かした空を望むアウトドアリビングや、一軒家ではなかなか実現できないビルドインガレージなど、ビルならではの設計を実現できます。

ビルは地震に強くて長持ちする

ビルは住居用の建物よりも構造的に頑丈で、耐久性があるのも特徴です。木造住宅と違い、シロアリや木材の腐食にも悩まされません。鉄筋造・鉄骨造のビルなら地震にも強く、定期的に補修すれば長持ちする住まいになります。

オフィスと住宅を併設することも可能

ビルの最上階の区画をペントハウスのように自宅にして、残りをテナントやオフィスとして貸し出すことも可能です。また、ビルに入居者を入れて、賃貸併用住宅にすれば、居住用の住宅よりも相続税の点で有利になります。

古ビルを住宅としてリノベーションするなら、まずはJamにご相談ください。不動産再生の実績だけでなく、設計から施工まで手掛ける建築部門の経験知により、クライアントと一緒に快適な住まいを作り上げます。

不動産再生やリノベーションならデザイン力・プロデュース力の高いコンサルタントに相談を

古ビルの不動産再生やリノベーションを行うメリットを解説しました。

リノベーションは古ビルの魅力を高め、収益物件として再生するための手段です。また、古ビルを住宅用に作り変えることもできます。ビルディングは構造的に頑丈で、デザインの自由度が高いため、あなただけの住まいを実現できます。

相続したビルの不動産再生やリノベーションなら、中小ビルや古ビルのプロデュース実績を多数持つJapan. asset management株式会社にお問い合わせください。

不動産活用の豆知識はこちら

不動産再生やリノベーションに関するご相談はJapan. asset management株式会社へ

会社名 ジャパンアセットマネジメント株式会社(通称:Jam)
住所 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3丁目9−10 5F
tel 03-5766-5241
fax 03-5468-3156
URL http://japan-a-m.co.jp/

Contactお問い合わせ

お問合せ内容の確認後、3営業日以内に担当より順次ご連絡させていただきます。
内容によってはお返事にお時間をいただく場合がございます。
予めご了承いただきますようお願いいたします。